岡本板金ブログ

有限会社岡本板金のブログです

自宅パソコンをSSD化

 先日、自宅パソコンのHDDをSSDに換装してみました。

 HDDの内部にWindows10の回復エリア?みたいな隠しエリアがあるタイプだったので、フリーソフトを使ってHDDのクローンを作成する方法を取りましたが、特に問題なく換装することができました。

 換装後は、かなり快適になりました。

 正直なところ試してみる前は、まあシステムが速度アップするわけでもなし、それほど操作感は変わらないんじゃないかと予想していたのですが、実際にやってみると、思った以上に快適な操作感で驚きました。

 使用内容にもよるでしょうが、通常の体感として普段いかにディスクアクセスに時間を喰われていたかがわかります。ネット接続速度も体感に大きな影響を与えますが、その次に大事なのはCPUパワーよりディスクアクセスかもなあ・・・という感じです。

 それに、月一で掛かるWindowsの更新が、ずいぶん速く終わるのがかなり嬉しいですね。あれっていつも、さあ止めようとか、さあ始めようというタイミングで掛かるから、相当鬱陶しいですものね。

 SSDのデメリットは寿命が短いってことみたいですので、こまめにバックアップを取るのを忘れずに、快適環境を享受していこうと思います。

天冥の標読了しました

 ついに天冥の標を読み終わりました。

 約10年の間に10巻17冊の長いドラマでしたが、これで大団円です。

 小川一水さん、ご苦労様でした。

 すばらしい作品をありがとうございました。

 ネタばれを防ぎながら内容に触れるのはナカナカ難しいですが、とりあえずバッドエンドではなかったとだけは言えそうです。(かといって、ハッピーエンドだとも言いづらいところですけども・・・)

 物語全体の分量が多いせいで、クライマックス部分が物足りないというか、少し駆け足になってしまった感もあります。もっと最後のほうを膨らませてくれてもよかったかなあ・・・。そのへんの感じ方はひとそれぞれかもしれません。

 これでもう続きが出ないと思うと、ちょっと寂しいですが、スピンオフとかいくらでも続けられそうですから、小川さんには何かの機会にまた、この天冥の標の世界に触れてほしいと思います。

 

天冥の標 いよいよ最終巻のアナウンスです

ずっと読み込んできた『天冥の標』ですが、いよいよ最終巻の発売がアナウンスされました。

天冥の標10 青葉よ、豊かなれ PART3 (ハヤカワ文庫JA)

2019年2月20日の発売です。

どういう結末が待っているのか、非常に楽しみではありますが、これで長い長い物語もついに終わってしまうのかと思うと、読むのがさみしいような、もったいないような、そんな気もしてきます。

天冥の標10、PART2もアナウンスされました

先日案内された『天冥の標10 PART1』に続けて、PART2もアナウンスされました。

『天冥の標10 青葉よ、豊かなれ PART2』 (ハヤカワ文庫JA) 文庫

2019年の1月22日発売!

矢継ぎ早に来ましたねえ・・・。

こりゃあ楽しみです。